ニューヴィンテージ 結 2022 7/31㈪リリースニューヴィンテージ 結 2022 7/31㈪リリース

  • 結 yui 2021 「California Wine Advisors(CWA)」 3年連続 98点を獲得

    「California Wine Advisors(CWA)」で3年連続の98点を獲得

    全米の格付けメディア「California Wine Advisors(CWA)」で、ロ98点という、ゼワインとしては異例の高評価を3年連続で獲得しました。CWAは、すべてのワインをブラインドでテイスティングし、広告的な影響を及ぼさずに評価をする、信頼度の高いワイン格付メディアです。全米で評価の高い「結」の魅力を今一度、お確かめください。

  • 結 yui 2021 「WINE ENTHUSIAST」にて、94点獲得! 暑い夏に清涼感あふれるロゼはいかがですか?

    ワイン専門誌「WINE ENTHUSIAST」にて、94点という高得点を獲得

    辛口評論で有名な全米のワイン専門誌「WINE ENTHUSIAST」にて、「結 yui 2021」が94点という高得点を獲得しました。昨年2020ヴィンテージも同じく94点を獲得しており、2年連続で高評価を頂きました。「結」は、溌剌として清涼感あふれるドライテイスト。暑い日に低めの温度でサーブすると、より一層その魅力が引き立ちます。高評価の「結」の魅力をぜひご自身でご堪能ください。

  • ナパでのロゼの愉しみ方

    ナパでのロゼの愉しみ方

    近年、世界的なブームとなっているロゼワインですが、欧米では、夏のワインとしての代名詞が定着していて、ロゼワインの一大産地、プロヴァンス地方のニースやカンヌでも、海岸沿いに並ぶオープンエアのカフェで、キンキンに冷えたロゼワインを愉しむのが、当たり前の風景になっています。そんなライフスタイルは、実は山間部のナパでもよく見かけます。

    詳しく見る

【結 yui 2022】厳選された果実が解き放つローズピンクの輝き

グラスに注がれた美しく繊細なローズピンクの雫からは、甘美な果実香やフローラルな香りが華やかに立ち上り、溌剌として爽やかなドライテイストと、フレッシュでトロピカルな風味が織り成す遊び心に胸が高鳴ると、やがてそのときめきは、嫋やかな残響となって、心地良い余韻をもたらしていきます。そんな喜びをぜひご堪能ください。

【色合い】
淡く、透明感のある繊細なローズピンク。その優美な美しさが、視覚から飲み手を魅了します。

【香り】
アプリコットやオレンジの風味、ラズベリーといった果実香とともに、スミレやスイカズラなどのフローラルな香りが絡み合い、グラスに注がれた瞬間から華やかに広がります。

【味わい】
鮮やかな酸がしっかりと際立ち、溌剌としてミネラル感に溢れ、清々しいドライテイストを感じながらも、フレッシュなトロピカルフレーバーに豊かな果実味を覚え、口中に優しく纏いながら、やがて穏やかな余韻をもたらします。

【セパージュ】
メルロ 47%、マルベック 45%、カベルネ・フラン 8%

「結 2022」は前ヴィンテージより、ステンレスタンクで4ヶ月長く熟成させています。
「結」の場合、ロゼワインでありながらも、昨今では、現行ヴィンテージのみならず、熟成を重ねたバック・ヴィンテージの素晴らしさも語られるようになってきました。そんな背景もあって、醸造家であるマーク・ネインズは、新たなエイジングの在り方を試みており、その結果出来上がったこの「結2022」は、見事な成功例となりました。赤ワインになぞらえるような香りも愉しめ、酸、果実味、アルコールが溶け込んで、落ち着いたバランス感が柔らかく、旨味を感じながら、軽快にお飲みいただける逸品に仕上がりました。

ボルドー赤ワイン品種の、
新たな可能性を示したい。
醸造家マークが語る「結」へのこだわり

唯一無二のロゼワインへ

「結 yui」は、年を重ねるごとに優雅に進化してきたロゼワインです。ファーストヴィンテージである2009年、当時の製法は「セニエ法」でしたが、最新ヴィンテージである2022年は、「全房圧搾」と呼ばれる、より慎重な製法でつくられています。

「セニエ(フランス語で“血抜き”を意味する)法」とは、新鮮な果汁で満たされた赤ワインのタンクから、果汁を抜き取るプロセスです。この美味しい果汁を発酵させた後、ロゼワイン「結」になっていました。

何年か「セニエ法」で製造した後、私たちは葡萄畑の大きな一部区画を、「結」だけの生産に充てることにしました。かつてケンゾー エステイトの赤ワインの副産物であった「結」が、私たちの多様なラインナップにおいて、完全にユニークで魅力的な特長をもつ1本となったのです。

葡萄それぞれの個性が光る

「結」は、ブルゴーニュのロゼワインを含めて見てもかなりユニークで、ボルドーの赤ワイン品種を使用しています。私たちは、誰もつくっていないワインに挑戦し、ボルドーの赤ワイン品種の可能性を示したかったのです。

「結」に使用されている葡萄品種はマルベック、メルロ、カベルネ・フランの3種類で、それぞれがワインの仕上がりに重要な特長をもたらしています。マルベックは濃密な色調を、メルロは滑らかな舌触りを、そしてカベルネ・フランは繊細なアロマを加えているのです。

多様なシーンに寄り添う

「結」は、ケンゾー エステイトのラインナップに特別な活気と華やかさをもたらしています。私たちは目の肥えたお客様のために、あらゆる場面に合ったワインを提供しようと努めており、おそらく「結」は、全ての銘柄の中で最も汎用性の高いワインです。高級レストランでの優雅なお食事や、プールサイドでの爽やかで涼しげな一杯にも、「結」は常に素晴らしいチョイスとなるでしょう。

私のおすすめ? もちろん、ドライテイストの「結」を屋外で愉しむ、“ナパ流”が一番ですね!

マーク・ネインズ(Marc Nanes)

ワインメーカー

ロバート・パーカーによる評価点で4度100点満点を獲得するなど、数々のワインで、アワードに輝くトップスコアを獲得。その功績が注目されケンゾー エステイトに参加。辻本憲三・夏子オーナー夫妻の絶大な信頼を得て、ワインメーキングチームを牽引している醸造家。

全文を読む
閉じる

結 yui

■名前の由来

人と人を結び、心と心を通わせ合う、そんな相互扶助の精神を宿している「結」という名は、ケンゾー エステイトで日々のワインづくりを支えている仲間同士の絆の深さを象徴して、名づけられました。

■これまでの主な受賞歴

2020年 全米(California Wine Advisors)で98点を獲得
2020年 全米(WINE ENTHUSIAST)で93点を獲得
2020年 全米(Wine Spectator)で90点を獲得
2021年 全米(California Wine Advisors)で98点を獲得
2021年 全米(WINE ENTHUSIAST)で94点を獲得
2021年 全米(WINE ADVOCATE)で91点を獲得
2022年 全米(WINE ENTHUSIAST)で94点を獲得
2022年 全米(California Wine Advisors)で98点を獲得

「結 2022」の商品ラインナップ

結 yui 2022 (750ml)
¥8,600 (¥9,460税込)
※1回のご注文につき9点まで

購入する

結 yui 2022 (375ml)
¥4,300 (¥4,730税込)
※1回のご注文につき18点まで

購入する

結 yui 2022 (750ml) [結BOX入り]
¥9,200 (¥10,120税込)
※1回のご注文につき9点まで

購入する

結 yui 2022 (375ml) [結BOX入り]
¥4,900 (¥5,390税込)
※1回のご注文につき18点まで

購入する

紫鈴 2020&結 2022 フルボトルセット
¥23,100 (¥25,410税込)
※1回のご注文につき6点まで

購入する

紫鈴 2020&結 2022 ハーフボトルセット
¥11,700 (¥12,870税込)
※1回のご注文につき12点まで

購入する

清 2020&結 2022&紫鈴 2020 ハーフボトルセット
¥18,700 (¥20,570税込)
※1日あたり、お一人様3点まで

購入する

清 2020&結 2022&紫 2019 ハーフボトルセット
¥27,900 (¥30,690税込)
※1日あたり、お一人様3点まで

購入する

清 2020&結 2022&藍 2019 ハーフボトルセット
¥27,900 (¥30,690税込)
※1日あたり、お一人様3点まで

購入する

「結」を屋外で愉しむのがナパ流

「結」を屋外で愉しむのがナパ流

オンラインショップのTOPに戻る